HOME>注目記事>安心して依頼するためにも信頼性の高い業者を選ぼう

お墓に対する考え方の変化

お参り

時代とともに葬儀やお墓に対する考え方も変化しており、最近はより小規模な葬儀を希望する人やお墓を作らないことを希望する人も増えています。すでにお墓を持っている場合は、子孫が代々受け継いでいくことになりますが少子化や核家族化が進んでいることもあり、お墓を継ぐ人がいないことで悩む人も増えてきました。そこで、注目されているのがお墓を処分する墓じまいです。お墓を撤去し、墓地を更地に戻すことを差し、遺骨は納骨堂や永代供養墓に移すことになります。お墓がなくなることで管理の手間はなくなりますが、それなりの費用も発生しますので、具体的にどれぐらいの金額が必要になるかはよく確認しておきましょう。

作業費の内訳を知る

墓じまいを決意した場合は、具体的な作業費用を確認しておきましょう。まず、墓石の撤去と更地に戻すための費用が必要です。地方によっても費用は変化してきますので、まずは見積もりで金額を確かめておきましょう。この他では遺骨を取り出す前の閉眼供養や離檀料などお寺に収めるお布施も発生します。そして、遺骨を移動させるための費用も必要です。その方法も納骨堂や永代供養墓、散骨や樹木葬など様々な方法があり、選ぶ方法によっても金額は変わってきます。さらに、役所などで手続きをする際には書類の発行費用も必要です。

信頼できる業者を選ぼう

墓じまいの費用は業者によっても変わってきますので、悩んだときは複数の業者から見積もりを取ってみることもおすすめです。金額だけではなく、具体的な作業内容も確認しておきましょう。墓じまいは大切な作業になりますので、費用の安さだけで選ばずに信頼性の高い業者を選ぶことが大事です。作業の依頼は石材店に相談することができますし、葬儀社などでも墓じまいの代行サービスを提供しているところもありますので相談してみましょう。